Report

「須田誠、スダマコトを撮る」

取材・文責:佐野木雄太

『PLAY JOURNEY!』と写真家・須田誠

2020年初夏、ILLUMINUSの人気シリーズ『PLAY JOURNEY!』がネット配信版として生まれ変わった。
「ゼロ距離&体感演劇」を標榜に掲げるこのシリーズが直面したコロナの危機は、クリエイターたちの創作意欲に新しい刺激を与え、シリーズの新境地を開くことに成功した。離れた場所でも演劇を体感し、どんな場所でもスマホ一つで作品世界を堪能できる。アナログとデジタルの理想的な融合は、これからの時代のエンターテイメントの可能性を広げたと言えるだろう。

刺激を受けたアーティストがもうひとり。――写真家・須田誠。

『PLAY JOURNEY!』について、須田氏抜きで語ることはできない。
今回配信版となった「アジア編」「キューバ編」の主人公“マコト”は、氏自身の過去の経験をモチーフにした物語である。
世界をめぐり、人々と出会い、関わり合って撮影をしてきた須田氏にとって、この未曽有のコロナ時代の到来はこれまでの撮影方法、氏のスタイルを否定してしまうような事態ではないのか。
ILLUMINUSは配信版『PLAY JOURNEY!』の製作とともに、須田氏にも作品創作を依頼することにした。
氏がこの時代をどうとらえ、どう乗り越え、どうやって作品をつくり上げるのか。『PLAY JOURNEY!』の生みの親の1人である須田氏の撮影現場に密着した。

PLAY JOURNEY!


世界中から人が集まる東京のホステルを舞台に、旅を通して生まれたストーリーやアート作品をモチーフにした演劇シリーズ。2019年秋、「"ゼロ距離”&"体感"演劇」をコンセプトにWISE OWL HOSTELS にてスタートしたILLUMINUSの人気シリーズ。

夏目漱石(キンノスケ)と正岡子規(ノボル)の交流を描いた”京都”編。
キューバでの不思議な出会いと数奇な運命を描いた”キューバ”篇。
アジア数カ国を旅する中で出会った様々な人物たちとのエピソードを描いた”アジア”篇。

アジア編、キューバ編は、写真家・アーティストの須田誠氏のフォトエッセイを原案にしたストーリー。2020年コロナ渦で上演困難となり、デジタルライブ作品として演出を全て一新して生まれ変わる。
●Geki-Dra『PLAY JOURNEY!』In The Round公式HP
https://www.play-journey.online/

Photo by Kakeru Tanaka

須田誠 Makoto Suda


東京出身。28歳で10年間勤めた会社を辞めNYに二年間滞在。34歳の時、世界放浪の旅に二年間出る。放浪中に初めて一眼レフと出会い、旅をしながら独学で勉強。帰国後写真展を繰り返し、2007年『NO TRAVEL, NO LIFE』でデビュー。
著書『NO TRAVEL, NO LIFE』は、多くの若者より支持を受け、写真集としては異例の第5刷・25,000部を突破。 ニューヨークにあるNY近代美術館 MOMAでも発売される。
2017年発売の最新写真集『GIFT from Cuba』絶賛発売中。
「まるで一本の映画を観たようなそんな気持ちになった。 by オダギリジョー」

EXILE、Omara Portuondo(映画ブエノビスタ・ソーシャルクラブ)、高橋歩、等、多くのアーティストとコラボ。フランス雑貨<プチコキャン>とのコラボ作品はフランス本社でも好評を博す。BEAMS Tから写真を使用した須田誠オリジナルTシャツ発売。
東京都写真美術館内のカフェにて写真展を開催。ポスト藤原新也として雑誌『PhotoGRAPICA』に紹介される。EXILE・USA、ファッション誌DUNE編集長・林文浩氏、旅学編集長・池田伸氏らから高い評価を受ける。世界中で人物撮影を中心に様々なアート分野で活躍。
現在、毎月開催されている『須田誠 写真教室』は、2020年で100期生を越えのべ2500名以上を輩出する。
●須田誠公式HP
https://travelfreak.jp/

「須田誠、スダマコトを撮る」

田中翔と鵜飼主水。今回ILLUMINUSの提案は「“マコト”を演じた2人の俳優を、須田誠本人が撮影する」というもの。本人よりも実年齢に近い、等身大の“マコト”像に迫った彼らを、モチーフとなった須田氏本人が撮影する。この試みに快く応じてくれた須田氏から、撮影方法についての注意書きが届く。

「時代的に人に近づいて撮るという手法を封印せざるを得ないので、距離をとってこの時代ならではの撮影をしましょう。集合から解散まで一切会話は無し。すべて身振り手振りで。目と雰囲気でお互いを信頼し、想像力を持って、バイブレーションを合わせていきましょう。徹底することで何かが生まれてくると思います。ちょっと大変ですがチャレンジしてみましょう!」

面白い。
いや、それ以上に須田氏の時代への挑戦ともとれる試みに敬意を抱く。ILLUMINUSが新しい演劇の形を模索するように、須田氏もまた、写真家として新しいスタイルを模索している。クリエイターとして、アーティストとしての先人たる須田氏の大きな挑戦は、我々の背中すら大きく押してくれたように感じた。

Photo by Makoto Suda

田中翔


舞台を中心に俳優、ダンサーやクリエイターとして活動。主な出演作品として#02 『 世界を教えてくれた君 』、国府台ダブルス『卒業式、実行』、『 ANSWER 』などがある。 「PLAY-JOURNEY! 」シリーズでは昨年秋に上演されたアジア編、キューバ編に出演。配信版であるの今作『PLAY JOURNEY!』In The Roundでは、キューバ編でマコト役で出演する。

鵜飼主水


舞台俳優。メインを舞台とし、役者の他にも殺陣振付、演出、MC業もこなす。また舞台以外にも俳優カメラユニット「gekichap」にて個展等も合同で開いている。主な出演歴に、「舞台 真・三國無双~赤壁の戦いIF~」「舞台 信長の野望シリーズ」「博多豚骨ラーメンズ」。 配信版であるの今作『PLAY JOURNEY!』In The Roundでは、アジア編にマコト役で出演する。

旅の始まりは、空港から

撮影当日。閑散とした国際線ターミナルに須田氏が現れた。ソーシャルディスタンス2mの距離で無言の会釈をする。すでに新しい試みは始まっている。モデルとのアイコンタクト、距離を取っての構内の移動、どれも思った以上に難しい。普段の温厚な須田氏とは違った緊迫感を感じて、我々は気後れしないよう努める。
既に2度にわたって“マコト”を演じ、何度も互いに顔を合わせている田中翔と氏のやり取りはスムーズに行われているように感じた。身振りと目線で立ち位置を決め、ジェスチャーと発想力でポージングを、お互いの意志の上で合わせていく。すでにお互いを知って、わかっているからこそできる、無言のコミュニケーション。いつしか緊迫感は心地よいものになっていった。
この配信版で初めて“マコト”を演じ、画面越しの顔合わせでしか面識が無い鵜飼主水と氏のやり取りは、はじめ少しぎこちなく感じた。身振りの大きさと実際の距離の思い違い、視線とアイコンタクトのタイミングのズレ、初めて出会う人との心理的な距離感、どれをとっても簡単なことではない。ただ、それも最初の数ショットを撮っていた時だけ。ちょっとした思い違いを繰り返すうちに、やがてお互いに距離感が合っていく、ジェスチャーの意味が伝わり、また相手が理解したことが自分にもわかりはじめる。そうして意志が通い始めると2人の心理的距離感も一気に近づいていく。シャッター音だけが響くターミナルの中で、傍から見ていても2人の距離が縮まっていくのを感じた。

Photo by Makoto Suda

撮る人も、撮られる人。

モデルである田中と鵜飼は、実は両名ともカメラを趣味としている。当日は須田氏より直々にマイカメラを持参するよう指示をされ、撮影中もカメラを構えるポーズを多く撮ったように思う。傍から見ていて面白いのは、田中も鵜飼もまた、須田氏を撮影するのだ。カメラを構える須田氏を撮影し、またそんな自分を須田氏が撮影する。どちらがカメラマンで、どちらがモデルか、一見にはわからないかもしれない。だが、繰り返されるシャッター音が無言の会話を織りなし、ファインダーから外した目線がふと交じる、周囲が気付かないそんなささやかな交感は、互いの心の距離をぐっと近づけていく。

須田氏が模索した新しいスタイル

思えば、関係を築くとはそういうことではなかったか。声を発する、相手に触れる、それは確かに大切なことではあるが、それだけで関係を築くこともまた難しい。相手を知り、理解して、お互いのことを分かり合うことで初めて築かれる関係性。そこに必要なのは声や接触といった表面的なことではなく、本来の意味での『会話』や『ふれあい』なのではないか。すでに知り合っている人の新たな一面を発見する楽しみも、ぎこちないところから徐々に打ち解け通じ合う嬉しさも、無言のコミュニケーションの中でさえ生み出すことができる。
須田氏の新しい挑戦は、それを証明していたように思う。

Photo by Kakeru Tanaka

笑顔がお疲れ、さようならの挨拶

撮影が終了し、解散となって須田氏が笑顔で去っていくの見送る。今回の試みの手ごたえをぜひその場で聞きたかったが、そこはグッと我慢をして、コンセプトに合わせて感じ取ることを考える。きっと仕上がった写真からその答えを知ることができるはずだ。

Photo by Makoto Suda
企画・構成・WEBページ制作:小宮山薫 写真:須田誠 田中翔 取材・文責:佐野木雄太 協力:株式会社タムロン

 

「須田誠、スダマコトを撮る」



【内容】
「PLAY JOURNEY!」アジア編、キューバ編の原作者、須田誠によるフォトタブロイド作品。モデルは自身をモチーフにした“マコト”役を演じる鵜飼主水と田中翔。「最短撮影距離25センチ」という自身の撮影スタイルを封印した須田誠の、コロナ時代の新たな撮影スタイルで挑む意欲作。

【キャスト】
鵜飼主水 田中翔

【撮影】
須田誠

【 販売商品】
フォトタブロイド 

【価格】
未定 

【 販売スケジュール】
2020年11月予定

【 協力】
株式会社タムロン 

「PLAY JOURNEY!京都編」レポート

 マスクをしていると「コロナ大変ですねぇ」と言われるのですが、実は花粉症で困っております吉田武寛です。 「Play Jounry!」が延期になってしまいましたので、「Play Joury! 京都編」京都公演レポートを企画させていただきました! 少しでも暇つぶしになりましたら、幸いです!

PLAY JOURNEY!京都編 Photo Gallery

 

キャストに聞いた

①京都どうでした?  ②今後のお知らせ

 

中谷智昭

①人生で片手で収まる程度しか訪れたことのない京都。じっくりと街を歩いたのは中学生の時になるので、実に20数年ぶりでした。街を流れる空気の丸さや、街を見渡すとどこかしらには歴史的な建物が目に飛び込んでくるのは、すごく京都を感じさせてくれましたし、大袈裟かもしれないけど、日本と日本の歴史を強く感じさせてくれました。
『play Journey!京都編』の登場人物達も、時代は違えどこんな感動があったのかなと、勝手なシンパシーを感じていました。笑
誰かと、何かと、どこかで【想いを共有】する。すると思い出になり、歴史になり、旅に感動が生まれるのかなと思います。
また作品を通じて、皆さまとドキドキとワクワクの旅を共に出来たらなって思います。
『さぁ、旅を楽しもう…。』

②2年ぶりに『花嫁は雨の旋律』に出演させていただきます。頼れる仲間たちと、さらにパワーアップした作品をお届けする所存です!!
私事ですが、4月20日が誕生日でして、この作品が本当に37歳の締めくくりの作品になります。
是非とも、楽しみにしていて下さい!

谷茜子

①プレジャ二@京都。ご参加下さった皆様、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました!ライブペインティング×芝居という斬新な演劇(その中に生演奏だったり、ペインティングするのが写真家さんの写真だったりと芸術の

ウルトラフルコンボ)、楽しんで頂けていたら嬉しいです。遠くから応援して下さった方にも写真でこの素晴らしさ伝わってくれ…!笑 私もライブペインティングというものを今回初めて拝見したのですが、芝居の空気や流れを受けて描いて下さっているのが、肌で感じられてとても感動しました。もちろんそれだけじゃないけど…!今年の桜の開花がより待ち遠しくなりました。今回遠征が叶ったのも、いつも応援して下さる皆様のおかげです。いつも本当にありがとうございます!またすぐお会いできますように🌸

②『左ききのエレン 〜横浜のバスキア篇〜』
日程: 4月1日(水)〜4月5日(日)   場所: DDD青山クロスシアター
大手広告代理店を舞台に描かれる群像劇です。中々頂かない役をお預かりしたのでぜひ見届けて頂けたら嬉しいです✨

千歳ゆう

①初めてプレジャニが公演されたときから、出演させていただいており、いつかお客様と遠征したいねという話をしておりまして、まさかこんな早く京都遠征ができるとなり、本当にとても嬉しかったです!また次は別の地にて、皆様とお会いできたらいいなと思います!引き続き、応援よろしくお願いいたします!

② 3/11-15まで新宿村Liveにて剣舞プロジェクト×アリスインプロジェクトプロデュース公演『百花繚乱-blek a leg』に葵役として出演しております。歌、芝居、殺陣、日舞も披露いたしますのでぜひ見にいらしてください。あと、今公開中のホラー映画「犬鳴村」に少しだけ出演しておりますので、ホラー好きな方はぜひ!そして4月の花雨は、私にとっても大切な作品です。また魂を込めて生き抜いていきますので、ぜひお楽しみに!

澤井俊輝

初演から出たかった『花嫁は雨の旋律』にようやく参戦できます。心から嬉しいです。雨の音が聞こえると共に楽しみにしていてください!!

植野祐美

①プレジャニ京都公演も終わり、春かなぁ!冬だなぁ、、を繰り返してる毎日ですね‥‥!みなさん、体調は大丈夫ですか?? 今回、京都へ行ったのは3回目で、私はそんなに旅行はしないけど旅行自体は大好きなので、公演に来ているのに遊びに行きたくてしょうがなかったです。笑 みなさんは、旅行へ行ったら何を一番楽しみますか?観光、景色、写真‥‥色々あるけど私はやっぱり食!!美味しかったなぁ〜♡ 行かれた方はまた一緒に、行かれなかった方は今度はぜひ、PLAY JOUNEYしましょうね♪

②次の公演は『花嫁は雨の旋律』に出演させていただきます。実は、ILLUMINUSではガールズにしか出たことがなかったので、イルミの人気作に出していただけること、本当にすごく楽しみです!精いっぱい頑張りますので、ぜひ劇場でお会いしましょう♪

吉田武寛

①「桜」「京都」「旅」という3つのキーワードが先にオーダーとしてあって、一体何を書いたらよいのか非常に悩み、書き始めるまでにかなり時間がかかった作品となりました。結果的に書きあがったのが直前で合宿のように朝から晩まで皆で稽古しました。笑

② 読劇も含めると実に5回目の上演。 ですが、「Play Journy!」でお馴染みのワトソンさんによってオリジナル楽曲に変わりますし、脚本も少し書き換わる予定です。 ぜひ多くの方に観ていただきたいので、友人親族色んなお知り合いにお声がけいただけたら幸いです。笑 花雨音2020、よろしくお願いいたします!

WISE OWL HOSTELS KYOTOのPVはこちら↓

ILLUMINUSの今後のお知らせ

2作品同時上演「花嫁は雨の旋律」/「雨の音が聞こえる」

■公演名:雨シリーズ2作同時上演「花嫁は雨の旋律」/「雨の音が聞こえる」
■公演期間:2020年4月9日(木)〜4月19日(日)
■作・演出:吉田武寛(LIPS*S、ILLUMINUS)
■音楽: E.watson(SALVALAI)
■劇場:新宿村LIVE
■所在地:〒169-0074 東京都新宿区北新宿2丁目1−2 B2
■主催:サン・オフィス ILLUMINUS
■公式サイト:https://www.ameseries2020.info

☂️「花嫁は雨の旋律」チケット販売スケジュール

〇ILLUMINUS CREW 先行発売
3月4日(水) 18:00〜3月8日(日) 23:59

※ILLUMINUS先行に関しまして ILLUMINUS先行販売はILLUMINUS会員 (ILLUMINUS CREW)のみが申し込み対象となります。

〇チケット一般発売 3月10日(月) 18:00
▼「雨の音が聞こえる」チケット販売スケジュール

→詳細後日

🌸「Play Journy! 京都編」東京凱旋公演
コロナウイルスの影響で延期となりましたが、4月下旬の上演を予定しております。 詳細決まり次第またお知らせいたします。