吉田武寛氏が手掛ける人気シリーズ「雨シリーズ」。
その代表作「花嫁は雨の旋律」と前日譚「雨の音が聞こえる」。
その2作品同時上演が来年2020年4月に決定しました!

「花嫁は雨の旋律」は、朗読劇作品として誕生し、ILLUMINUSにより2度の舞台化を経た人気作品。
「雨の音が聞こえる」は、朗読劇作品として誕生し、今回が初の舞台化となる。
また、主催にはILLUMINUSに加え、芸能プロダクションサン・オフィスが共同主催に加わる。

公演名:「花嫁は雨の旋律」/「雨の音が聞こえる」
公演期間:2020年4月8日(水)〜4月19日(日)
作・演出:吉田武寛(LIPS*S、ILLUMINUS)
音楽: E.watson(SALVALAI)
劇場:新宿村LIVE
所在地:〒169-0074 東京都新宿区北新宿2丁目1−2 B2
主催:サン・オフィス ILLUMINUS

▼「花嫁は雨の旋律」ストーリー
事故で時間を失い、少女に戻ってしまった片山雨。
その夫で時計技師の片山均。
永遠を求めた夫婦の少しだけ不思議な日々。

▼「雨の音が聞こえる」ストーリー
海はよくこう口にする。
「雨の音が聞こえる」
海と雨は、私の娘たちの名前で、海の言葉を借りるならば、波崎家ではいつも、雨の音が聞こえていた。
港町で暮らす家族の少しだけ不思議な日々。