先日放送されたアニメ「W’z」の最終話は非常に盛り上がりあるエンディングとなった。そんな中、舞台版のSPECTACLE STAGE「W’z《ウィズ》」が来週4月10日から開幕する。
前作「ハンドシェイカー」から続いて出演している古畑恵介、中谷智昭、澤井俊輝に加え、同じく前作から脚本・演出を担当する吉田武寛に、成長を遂げた今作の見所について語ってもらった。


※公演パンフレットでは全編を公開しています!

Q:稽古場の雰囲気はどうでしょうか?


吉田
:すごくいい雰囲気ですね。稽古でいいもの作れてる感じがあって、僕も楽しくやってますね。

古畑:前回(『ハンドシェイカー』の)キャストからガラッと変わってしまっている分、若干不安はありましたが…新しい座組もステキな方ばかりで、とてもお稽古が楽しいです。
新しいメンバーで、また新しい物語を紡いでいければいいなと思いますね。
前作でタヅナくんを演じてから一年経ちましたが、僕も「今」だからこそ表現できることもあると思うんです。『ハンドシェイカー』の舞台を観てくださったお客様も、新たな気持ちで楽しめる舞台にしたいです!!

澤井: 僕、稽古に遅れての合流だったんですけど、行けない間、稽古動画を参考にさせていただいていたんですが、アンサンブルの方たちが代役で入って、素晴らしい土台を作り上げてくれていて。合流してみると、やっぱり稽古場の雰囲気がすごくいいんですよね。いい意味で、キャスト同士の垣根も何にもないと思うし。だから、この作品の絆だったりが、よく見える稽古場になっている。

中谷:これは、座り位置的にも僕がボケ担当かな。(笑)僕も稽古に遅れての合流だったんですけど、稽古場に入った時から、空気感がとっても良かった。
僕の役、アニメのエンドロールには「ナレーター」ってクレジットされてるんですよね。舞台上でそんなに人と絡めないんだけど、絡んだ時に、前作の懐かしさを感じました。

-今日のメンバーは1年前の舞台『ハンドシェイカー』へもご出演頂いたメンバーですよね。

澤井:そこで言うと、この2人(古畑、中谷)は同じ役を続投しているキャストだよね。俺は前回は戦ってもないし、にぎやかしのような役だったから。

中谷:俺も今回戦いないから。

澤井:前回もなかったけどね。

中谷:あったわ。ナガオカさんと殴り合いしたわ、俺。(笑)

澤井:確かにあった。(笑)続投キャストたちが、本読みのときから、いい意味で、前の空気を引っ張ってきてくれて、それに周りが感化されてる部分はあるよね。ふーくん(古畑)は、すごく成長したタヅナとして前回とは違う色を持ってきてくれた。

古畑:高校生から大人になって、身長もぐぐっと伸びているキャラクターを続投させていただくなんて中々ない事だよね(笑)すごく光栄だけど、しっかり変化をつけなければ…というプレッシャーもあります。原作アニメ(タヅナ役)の斉藤壮馬さんも、柔らかい声質のままなんだけど、大人バージョンの声色はだいぶ低めに演じられているように感じました。

Q:『W’z』に登場しているキャラクターの成長を描く上で、気をつけた点はありますか?

吉田:(主人公)ユキヤや(『W’z』の)新しいキャラクターは、それぞれ乗り越えるべき壁があって、成長していくんですけど、(「『ハンドシェイカー』」の)旧キャラクターは、人間として既に成熟しているんですよね。
でも、タヅナたちが神と出会ったけど、ずっと捕らわれているんです。『ハンドシェイカー』の呪いに。それが今回ついに解放される。そこが彼らの成長かなと思いますね。

—キャラクターの成長と共に、ご自身も成長したところとかはございますか?ー

古畑:前作の時は殺陣が初心者だったので…出来なさすぎて、比喩じゃなく泣きながらやっていたんです(笑)でもその経験があったからこそ、今では刀を振るうことがとても楽しいと思えるようになりました。タヅナくんは10年後になってめちゃくちゃ強くなっているので、アクションシーンでも成長した姿を見せたいですね。あと、前回はタヅナくんとコヨリちゃんの成長物語だったじゃないですか。でも今回のタヅナくんは、ユキヤくんの成長を見守る大人側になっている。僕自身前作では周りの方々に支えられてきたので、今回は支える側になれならな…と思います。微力ながらですが。

澤井:ふーくん(古畑)が言っていたんですけど……タヅナ強えーっすよ。僕タヅナにすげえことされているし。(笑)今回アクション初挑戦なんです。今まで全くやってこなかったので。戦う澤井はレアですよ。

中谷:『ハンドシェイカー』メンバーだった人たちの成長した姿が、今回じゃないですか。僕が演じる”マキハラ”という役は、『ハンドシェイカー』が元々成長しきっているという設定でした。今回は、元パートナーとの確執という問題も超えて、さらに広いところで謎解きに向かっているという設定です。前回と今回では成長の振り幅は実はあまりない。

澤井:そこで言うと、ふーくんは分かりやすく高校生が大人になっているけど、おじさん(マキハラを指して)が10個歳を重ねたらおじさんになるだけじゃないですか。そこはすごく難しくないですか?

中谷:まあね。だと思うな。

澤井:10個ってたぶん、べつに老けはしないし、お芝居として落とし込むほどの、老け芝居するほどのものでもないし。

中谷:アニメ観ててもそうだし。

澤井:でも、あのときから先生でしょ?

中谷:前回が30前半とかだったんですよ。

澤井:じゃあ40ぐらいの、40ちょっとの今。

中谷:(マキハラという役は)近い距離ではなくて、広く見守る立場なのかなって、

中谷:実は元パートナー(長岡というキャラクター)も行方不明になっていて、ずっとパートナー行方不明のままなんですよね。だから、みんながパートナーなんだなって思うってことですね。

澤井:そういうの含めて。お客様が舞台観た後に、『ハンドシェイカー』、『W’z』のアニメを見直したら、多分見方がすごく変わるなって。そういう構成ですよね。特に『W’z』1話のフミユキが歩いてくるシーンの演出なんて、最後まで観ると意味が分かってくる。意味があるシーンがいっぱいあるから、お客様にはそれも含めて楽しんでいただけるんじゃないかなって思います。

つづく


※公演パンフレットでは全編を公開しています!

SPECTACLE STAGE「W’z《ウィズ》」


【公演名】SPECTACLE STAGE「W’z《ウィズ》」
【期間】2019年4月10日(水)~14日(日)
【劇場】シアターサンモール(〒160-0022 東京都新宿区新宿1-19-10サンモールクレストB1)
【出演】
竹中凌平(ドリーヴス)  /
山田麻莉奈 遠藤瑠香 田野優花 澤井俊輝 HAKU (SUPER FANTASY)  中島礼貴 奥田圭悟

堀ノ内翼 千歳ゆう  秋場悠里  森川大輝(Grab“A”) 及川洸 谷茜子 /
田中彪 Fuki  中谷智昭 / 平松可奈子 古畑恵介

※アンサンブル・ダンサー(50音順)
朝倉利彦  興梠豪努  坂弥音 長野祐  松井りんか  満塩美亜希

【公演スケジュール】
4/10 (水)  19:00
4/11 (木)  19:00
4/12 (金)  14:00/19:00
4/13 (土)  14:00/19:00
4/14 (日)  12:30/17:00
※受付開始、及びロビー開場は公演の60分前

■原案:GoHands(TVアニメ「W’z《ウィズ》」)
■原作:GoHands×Frontier Works(TVアニメ「W’z《ウィズ》」)
■脚本・演出:吉田武寛
■公式HP:https://www.wz-stage.com
■音楽:GOON TRAX
■協力:Frontier Works / Am-bitioN / style office
■企画・制作:ILLUMINUS